読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枝の折れた様

ヴァンガードとバディファイトの自分なりの構築やカードに関しての考察のようなもの(ただの感想)を書き留めるものです

第7回札幌VGCSの反省

遅れながら5月3日に開催されました、「第7回札幌VGCS」に出場して来ました反省を書いていきたいと思います!

 

まずは今回使用したデッキから↓

 

f:id:tinber0312:20170516081623j:image

 

使用:アクアフォース(蒼波サヴァス)

G4

嵐を統べる者 コマンダー・サヴァス4

慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス2

天羅水将 ランブロス2

蒼波師竜 テトラボイルドラゴン2

天羅水将 アリストテレス1

エアーエレメント シブリーズ1

蒼嵐障竜 アイスバリア・ドラゴン2

天水護将 フィロテア1

メタルエレメント スクリュー1

 

G3

嵐を超える者 サヴァス3

蒼波竜 アンガーボイル・ドラゴン3

蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン1

波状螺旋の水将 ベネディクト1

 

G2

タイダル・アサルト4

戦場の歌姫 アデライード3

蒼波水将 フォイヴォス3

ハイタイド・スナイパー2

 

G1

戦場の歌姫 メラニア4

海域の守り手 プラトン4

ケルピーライダー ニッキー3

発光信号のペンギン兵1

戦場の歌姫 スタシア1

 

G0

FV、士官候補生 アンドレイ1

ケルピーライダー ペトロス4

蒼波兵 ブルータル・トルーパー3

戦場の歌姫 マリカ4

サージブレス・ドラコキッド1

流氷の天使4

(☆7引5治4)

 

 

〇デッキの選択について

現環境だと、「ナイトローゼ」「ギアクロニクル」「ルアード」「七海ランナー」「リンクジョーカー」「サンク」などなどが代表して出ていますが、今回は自分の使ってみたいデッキを選択しました。

 

〇戦績

1回戦vsルアード〇✕〇

相手様のフォドラライドの事故などもあり勝てた部分もありました。序盤からタイダル・アサルトなどで攻められるギミックがありますが、ルアードにはG2バニラの採用率が高いのでその点は厳しい所ですね。

 

2回戦vsローゼ✕〇✕

このデッキが1番苦手としてるのがナイトローゼです。アドの取り方が尋常じゃないのと、アタック時にどうしても砲撃手を意識した盤面を組まないと行けないので、最大値で動けません。唯一攻め入る隙があるとすれば、超越前の1〜3ターン目までなのでそこで出来るだけハンドで要求とって展開し攻めましょう。最終戦は惜しい所まで行ったんですが恐らく後半の持久力では現段階だとどうしようもないですね。

 

3回戦vsブラスター(シャドパラ)〇✕〇

序盤から攻められる同系統のデッキだったので苦戦しました。超越先からのアドバンテージはこちらの方がハーツスキルもあり取りやすいので、序盤で無理には展開せずに後半を重視しました。

 

4回戦vsサンク〇〇-

言わずと知れた☆16サンクでした。どっが攻めきるかっていう勝負になりますが☆捲られなかったので勝てました。

 

予選はこの4回戦で終了し、決勝トーナメントにはオポーネントギリギリの16番目で上がれました。

 

決勝トナメ1回戦vsローゼ✕✕-

呆気なく敗退です。こちらの事故も1戦ありましたがカバーしきれませんでた。ちょっと悔しかったので1戦フリーでお願いした時は〇でした。この感じだと今の段階ではローゼに取れて3:7くらいですね。海のクランなのに陸の割合です。

 

〇まとめ

・構築について

ほぼほぼ申し分ない形には出来たかなと思いましたが、もう少しトリガーの配分は考えてみようかなと思いました。あとアリストテレスは1回も使わなかったので変えます。早いデッキを見る為にサヴァスとテトラドライブの枚数を調整するのもありかなと思いました。超越コストのニッキーは、割とG3がフラットして超越する場面も多かったのでG1をもう少し盤面で動けるカードにしてみるのもありかもしれません。

 

・感想

叶うことなら、七海ランナーはとれる自信あったのでマッチングして欲しかったですね。大会の結果を見ると上から順にランナーローゼランナーランナーだったので、お前ら3人俺とデュエルしろーって感じでした。でもその前段階で負けてるのでどうしようもないですね。それでも挑戦したかったデッキでギリギリではありますが決勝トーナメントに進めて嬉しかったです!次はもっと戦い方を見極めて、ベスト8くらいを目標に頑張りたいと思います。ですが、大会当日はいつだって優勝を目指します。

 

 

長文になりましたがここで終わりにします!

ファイターズコレクションも発売し、また構築の幅が全クラン広がりましたね。次の大きなイベントはファイターズロードになりますが公式と非公認の大会とではまた勝手が違います。頑張って行きたいですね!